FC2ブログ

御嶽山地域協議会

3月22日木曽御嶽山地域協議会が開催されました。
昨年の石室山荘のトイレ改修工事に続き本年度は8合目の小屋や
王滝の小屋でも環境省へ補助金申請をしました。。
県立公園のトイレ改修事業は3年間のみ国からの補助を受けられそうです。
形あるものすべていつかは老朽化しまたいつか改修をしなければなりません。
今後、小屋の事業者と利用者で協力しながらトイレの維持管理ができることを
願ってやみません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「御嶽山」が「御岳山」に!

 今朝の「信濃毎日新聞」を開いて驚きました。
「山小屋トイレ有料化」の見出しに「御嶽山」が「御岳山」になっているではありませんか!
少し前(午前8時過ぎ)、「信毎」の編集部に聞いてみましたら、旺文社の地図や新聞は昭和52年から「御岳山」と表記しているとのこと。
そもそも新聞は、小学校3年生からお年寄りまで誰でもが読めるよう表記されるべきものであり、「御岳山」に変えられたんだそうですが、「御嶽山」は固有名詞でしょう。
それを「嶽」が読めないだろうから「岳」にするとは新聞協会(と云うのか何と云うのか知りませんが)、ひどいものですねぇ。

 去年、神奈川県から大町市に引っ越してきた者ですが、その私でさえ「おんたけさん」は「御嶽山」、東京の「みたけさん」は「御岳山」と云うことぐらい知っていましたが、それが簡単に変えられてしまうんですね。
行政によって、歴史ある市町村名がいとも簡単に「さいたま市(例えば)」に変えられてしまうのと同じことです。
「御嶽山」が読めないと判断するなら字を変えないで、ルビをふるべきです。
 人の名前は読みにくかろうが、変えられるはずはないのに、歴史ある山名を都合で変えるのは如何なものかと思っております。

「協議会」の皆様、頑張って「御嶽山」を維持して下さい!

山岳トイレ有料化に関わるご案内

はじめてご連絡いたします。
弊社は新潟県長岡市で各種バイオトイレの販売とメンテナンスを行っています。
この度、お客様から要望の多いバイオトイレの有料化に最適な課金システムを開発しました。
よろしければご参考にされてください。
プロフィール

黒澤館&石室山荘

Author:黒澤館&石室山荘
信州木曽御嶽山

木曽町三岳「黒澤館」
標高2800m「石室山荘」

日々の様子をお伝えしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: